2015年7月9日木曜日

本当に学ぶということ


昨日は、整備士の講習がありました。講習が終了した夕方、改革堂の小川様より電話を頂きまして「今、板金をやってるから見にきませんか?」とのこと。思うように勉強もはかどらず、何だかな〜なんて思ってたんで、そのまま直行しました。到着しましたら、いつもは中に居ます、こちらの車両が外に駐車してありました。大変貴重な車両とのことです。私にはこういった車両はすべて同じにみえてしまうという残念な男です。HOT RODって言うんでしょうか。奥の深い世界のように思います。


作業場にお邪魔しますと・・・こんな風にカッコ良く歳を取りたい、私がカッコいい人って勝手に思ってる殿方がみえました!!!


なんでも自分のHOT RODに取り付けるパーツを小川さんに教えてもらいながら製作しておりました。


いや〜、久しぶりのお会いしたんですが、ホントにカッコいい御方です。小川さんはきっと私が普段から「生田さんってホントカッコいい御方ですよね」なんて話てたから電話をしてくれて私を呼んでくれたのかも知れません。



風貌はもちろん素敵な御方なんですが、自分の車に取り付けるパーツを一生懸命教えてもらいながら製作してる姿に実は昨日心を打たれました


年齢差に関係なく一生懸命に作業する姿・・・解らない事、出来ない事は小川さんに何度も聞いてやっておられました


小川さんの所からの帰りに考えておりました。自分は今、整備士の資格を取るため学んでるんですが、受かるため、資格が欲しいための勉強になってしまっているんじゃないのかな〜って。もちろん資格を取る為の勉強なんで最重要課題なんですが、本来の目的である「なんでこうなるんだろう?」「どんな仕組みになってるんだろう?」「もっと知識を獲てオートバイや車をかまう時に役立てよう!」なんて気持ちが遠のいてしまってるんじゃないかと、今の自分は・・・。学ぶってその時に機械的に暗記して、テストの為のテストをやったってなんの意味もないんですよね。だから覚えることが出来ないかも知れません
「受からないといけない」「受からないといけない」・・・・大切な事を忘れてたのかもしれません。好きで興味があって学ぶ人は最強ですし、やっぱりねカッコいいですよ。今の自分は何だかカッコ悪いわ〜。上っ面だけの薄っぺらい人間が多い中、コスプレーヤーが多い中、本物の人を見て学んだ様な気がします。そんな私はペラペラ人間、カッコ良くなる・・・男子としては永遠のテーマですね。








0 件のコメント:

コメントを投稿