2015年5月14日木曜日

世の中の話と風防

日本は、「古き良きものを大切にする」という文化を、いつから捨ててしまったのか?
日本や世界の先人が作り上げた歴史的生産物を、なぜ端に追いやるのか??
今年、13年超の自動車には「通常税率の15%UP」が課せられるそうです。
古いものを大切にすることは、そんなに追いやられることなのでしょうか?日本はイギリスからたくさんの「素晴らしい自動車文化」を継承しました。イギリスでは、今日も昔と変わらず「古いものを大切にする文化」が継承されています。車でいうと、パーツの製造を担っていた会社が生産を中止した場合、またどこかのメーカーが、同じ部品を製造していきます。
「古いものを大切にする」という文化が根付いているからです。
日本だってそうだと思っています、いや、思っていました。
古いもの(車)を大切にしている人たちを「特別扱いしろ!」とは言いません。
「自動車税を廃止しろ!」とも言いません。払わなければならないものはちゃんと払うのです。でも、古いからって15%も重課するとか、意味が分かりません。
この制度については、この重課税分に対して不満を持つ人たちが一丸となって、国に訴えていかなければなりません。
このままでは、世界の自動車文化を、日本の自動車文化を失うことになります。
本来ならば、自動車業界からこのような意見が発しられ、行政に訴えていければ良いのですが、雇用情勢等があるでしょうし、ここは「民間から」何か動かせれば!と思っております。
間違ってはいけないことは、「税金を払いたくない」ということではないという事です。「なぜ13年超の車が重課税されるのか?」ということに対して疑問・不満があるのです。ここに賛同していただける全ての方の「意志」を署名という形で国に訴えていければと思います。
結果がどうでるか?わかりませんが、多くの方の署名を頂き、「13年超の増税分廃止・恒久化禁止」まで頑張りたいと思います。
よろしくお願いします。


おはようございます。鉄スクーターや整備士免許の事で隙をみせてたら、世の中好き放題やらかしてますね。13年超の自動車には「通常税率の15%UP」・・・・

自分は自動車ディーラーに勤めてまして、第一線で新車を販売する仕事をしております。
お客様にはもちろん新車を買って頂かないと成り立ちません。
メーカーからはこれだけ販売しなさいとノルマが課せられ(目標値)ます。なんとか達成しなくてはいけない為、お客様が付いてないにも関わらず、自社登録してあたかも目標達成したかのように数字を作り上げて行く事も実際には御座います。
間違いなく、自動車業界を活性化させる手段に他なりませんね。

さて「古くなっても物を大切にする」・・・非常にいい事だと思いますし、誰しも反対する余地のない絶対的な意見だと自分も思います。
しかし、古い車に乗ってる時に思ったのですが、古い車が維持しやすい世の中の状況かと言ったら全く反対で御座います。部品は出ない、直せる人がいない・・・ましてや自動車業界は今、整備士不足で悩んでおります。でもって追い打ちをかけるように課税ですもんね。昔と思うと確実に車に乗る人が少なくなってるにも拘らず、メーカーは次から次へと新型車を出して、経済を優先すると言う大義名分でバンバンバンバン車を生産しまくります。そんな矛盾だらけの世の中と、矛盾だらけの仕事をしながら生活してる自分で御座います・・・。

真面目な話になりました。

さて昨日の出来事です。


15時より、高速に乗りまして


改華堂の小川様のお店に伺いました。


風防の型が出来上がったとの事で、勝手にお邪魔した次第です。透明感がハンパ無いため
解りにくいかもしれませんが・・・


こんな感じです。わかりにくいですかね。ラビットのサイズに合わせて製作して頂きました。風防でカッコいいのを作って欲しい、ハンドルに取り付けるのは嫌だ等・・・わがまま全快のオーダー・・・お楽しみに!!!!


ラビットハウスを日本語にして・・・ウサギ堂・・・なんてね!















0 件のコメント:

コメントを投稿