2015年4月1日水曜日

Rabbit Scooter S302 エンジンが動くという事



元気にエンジンが動いてた時です。ついこの間なんですが・・・未だに富士山のあの景色が目に焼き付いて忘れられません。昭和の古いスクーターで走った事が助長してるんでしょうね。



さて昨日の様子です。電装系が怪しいと推測してバラしていきます。


鉄粉が凄いです。何かが削れている様です。



こんな感じです。


そんな時、HONDA  S90のオーナー様が来られました。虎JAKS様です。


70年代からありますアメリカのスケートボードチームで日本人唯一のメンバーと他の人から聞きました。本人はそんな事などどこ吹く風な感じで・・・



このS90に関して熱く話しておられます。ハンターカブも大好きです。そんな虎JAKS様の普段乗っておられるバイクはGL500でございます。


バイクにメロメロになってる姿をみるのは楽しいですね。


磨きまくってます。


さて私はラビットの修理です。


奥のシールは大丈夫ですね。オイル漏れはありません。


火花が飛ばなくなってしまったんで、プラグコード、プラグ、ポイント等すべてを交換しまして


エンジンかかりました!!キャブレターにオイルがかんでたのも原因のようです。


かかってます!


ただ以前と思うとやはり始動性がイマイチな気がします。まだ何かが有る様に思います。


そんな時、熊ちゃんがS90のキャブを持って来てくれました。もうすぐ日をまたぐ時間です。遠い所からありがとうございます。



こんな感じで夜を過ごすのでありました。

2 件のコメント:

  1. 毎日大変楽しく見せていただいております、色々勉強になります
    私はヒロシさんと違い、一台を大事に乗るだけのラビット乗りですが
    ロングツーリングのあとの金属の粉は何だったのでしょうか。
    気になりましたので、

    返信削除
  2. 匿名様、ブログ読んでくれてありがとうございます。台数なんて関係ございません。一台を大切にされてるなんて素敵です!金属の粉ですがファンがステーターに当たってたようです。摩訶不思議でした・・。

    返信削除