2015年2月17日火曜日

ウサギさんをキレイにして体調を整える 53


昨日は、カラーの問題をクリアして組み立てました。付いてるタイプと付いてないタイプが有るとの事です。




取り付けました。付けたはいいのですが、実は一つ問題があるんです。皆さんはご存知だとは思いますが、オイルシールにはリップってものが付いてます。このリップが非常に重要でして、シャフトに対してリップが上手く立ってくれないと、いくら新品でもリップが内側に入ってしまったり、変にねじれてしまって漏れてしまうそうです。たっぷりとトルコンオイルを塗り込んで組んでみます。ドキドキです。


で次にトルクコンバーターを組みます。先がこれくらい出ないとだめだそうですよ。


さてこのトルクコンバーターですが、なかなかハマりません。やり方なんですがリアタイヤを回しながら、トルクコンバーターをプラスチックハンマーで軽く叩きます。そうすると音が変わる箇所があります。そこがかみ合ってる所になるんで、カチッとハマります。
教授に教えてもらいました。ちなみに写真に写ってる床に付いてるオイルは、こぼしたオイルです。



さて、トルコンオイルを入れて、エンジンを回します。この時点では漏れてませんでした。
近所を走りまして、ドキドキしながら覗き込んでみると・・・


!!!!


漏れとる・・・・チ〜ン


にわかラビット整備士は思いました・・・・私でも簡単に取り付けできる漏れない部品が欲しいと・・・。本日やり直し!

0 件のコメント:

コメントを投稿