2015年2月12日木曜日

ウサギさんをキレイにして体調を整える 48


昨日は、ツトムとダメ出しする為に走りに行って来ました。


相変わらずカッコいいです。自画自賛!


早速、症状が現れました。全く吹かなくなってしまったのです。ガレージから出発して10分後の事です。市内から出てません。Uターン・・・どうもマフラーの中が詰まってたようです。黒い塊を出した所で再度出発。うん、吹き上がります。以前はそんな症状は出なかったんですが・・・これが走り込んで、ダメ出しをしないといけないという事なんでしょうね。


しばらく走ってたら又現れました。60キロまではスムーズに走るんですが、それ以上の速度を出そうとすると吹かなくなってしまい、失速しだします。アクセルを戻してやると又スムーズに走ります。しかし、またその速度域になると失速します。
コンビニに寄って、キャブを確認。


フロートの調整が上手くいってないかもしれない。工具もないし・・・
「Funnyさんの所に寄ろう」って事で整備させてもらう為、向かいます。

 
Funnyさんの所に到着。忙しいようでしたが場所を借りてキャブをバラさせてもらいます。
工具もお借りして・・・男子あこがれのブランドSnap-On!
「腕が二流で、工具も二流だからネジとかなめちゃうんだよ」「工具でカバーするのも一つの手!」確かにそれもあるように思います。



忙しいのを知ってるのに、フロートの高さを測ってもらいます。完全に仕事の邪魔をしてます。すいません。


高さは規定値・・・問題なさそうです。ついでに各部ゴミが詰まってないか確認してもらました。ありがとうございました。





エンジンをかけて、確認終了。走って再度確認です。


ガレージに帰って再度各部調整。


新品プラグを付けて焼け具合を見たらかなり白い・・・奥飛騨の大将、信州の師匠に電話をしてレクチャーを受けます。


もう一度キャブをバラして、もう一つの箇所を確認していこうと思います。それからトルコンオイルの漏れですね。


ん〜、ガッカリ感はありますが、実はどうやったら直るんだろうって気持ちの方が強いですね。SNSを通して色んな御方が私になにげなくアドバイスをしてくれます。知識というのはきっとトライエラーを繰り返して得た証明のような気がします。きっとそれは作業した人にしか解らない部分でもあります。ある意味私のやってる事は知識、技術の泥棒行為かもしれません。ネットを開けば解らない事が簡単に解ってしまいます。そんな知識を惜しげも無く伝えてくれる。もの凄く感謝してます。上手く伝わらないかもしれませんが、なんとか完成させてオーナー様が喜ぶ姿、知識を伝授してくれてる御方の誠意にお応え出来ればと考えております。皆さん、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿