2015年2月1日日曜日

ウサギさんをキレイにして体調を整える 37


奥飛騨のラビットスクーター先生から物が届きました。トルコンオイル 20リットル



そして今回のラビットをダメ出ししまして交換する事にしたケーブル類
アクセル、チョーク、フロントブレーキ、リアブレーキ、メーターすべてのケーブルを交換します。今付いてるのも十分使用可能ですが、先々の事を考えると・・・また時間がかかってしまいますが・・・自分に妥協が出来ませんでした。



エアクリーナも交換します。


まずはスピードメーターケーブルです。なんか違います。


左が古い方、純正は細いですね。でもこれって入るの?


こちらがメーター側


タイヤを外してドキドキしながら確認


大丈夫でした!



続きましてフロントブレーキケーブル


古いワイヤー類はこうやって曲がってしまってるんですよね


レバー側


こうなっちゃうんです。でもってきっとこれが切れてしまう一つの原因なんでしょうね


ここもです


フロントタイヤを外したんで、ここのリンクの部分のボルトも交換しようと思います。ここの部分もガタがでるらしく交換したほうが良いと先生がおっしゃってました。



このフロントリンクボルトを見比べてみました。右が新品です・・・なんだか取り寄せた方が細いんですが・・・もしや


最終型はパイプになってて太いと所長が以前教えてくれました。右が前期のアームです。
左が今現在整備してますアーム・・・ここの部分まで違うんですね


一目瞭然です。最終型の方が穴が大きい・・・どうも私、間違えて前期の物を取り寄せてしまった様です。



部品の取り直しです。こういった所が私の時間の掛かる要因です。すいません。


ここの部分は部品が来るまで中断です。自分に残念です。




気を取り直してスロットルケーブルに進みます。


キャブレター側です。またしても違います。


下が新品です。「どうしたらいいんだろう?」って思ってたら奥飛騨の先生から丁度電話がかかって来ました。「先生、カクカクシカシカでして・・・」「それは暖めると黒いゴムがとれるから大丈夫、新品に組み付けて。それからケーブルを全部抜いちゃうと今度ボディに通して入れるのが大変だから、古いケーブルの先に新品のケーブルを針金かなんかでしっかり縛り付けて一緒に抜くと良いよ」とのアドバイス・・・。先生もう抜いちゃいました・・。明日にします。



こちらのケーブルもやはりこんな風になってました。




さて気分を変える為、昨日まだ外してないベアリングの取り外しにかかります。あまりこの部分は分解しないとのことですが、ベアリングを回すとゴリゴリと音がしてたんで外す事に・・。ケースを暖めてプラスチックハンマーで叩くとすぐ外れるとの事です。


外れました。




ここにもベアリングが二つ、間にシールが有りました。ちなみに、ここの部分はリアタイヤが付く部分です



3本のネジが付いてる所が今回外した箇所です。


チョークケーブルは抜かないようにしました。ボディ側に通すのが大変ですからね。新品を括り付けて一緒に抜きます。


またしてもバラバラですが



頑張ります!!!


0 件のコメント:

コメントを投稿