2014年12月17日水曜日

ウサギさんをキレイにして体調を整える 10 心臓摘出手術


昨日は、こちらにに行って来ましたよ。実は先日ツトムにエンジンをかけてもらった所、「カタカタカタ」って音がする。どうもラビット301シリーズではお約束の症状とのことです。エンジンを開けないといけない・・・「よし!じゃ教えてもらいながらやってみよう。」ってことでエンジンだけをもってお邪魔したしだいです。


得体の知れないスクーターが沢山!!!いや〜、いつもはイクオマンが餅福に来てくれるんですが・・・こんな素敵な所で小排気量かまってるんですね!


私の為にこんな表札を?!はい、ただ今絶賛修行中です。


彼がイクオマン。見てる本はもちろんラビットスクーターもの
そんなイクオマンに今回のエンジンのカタカタするイヤな音はどうして出るのか解説してもらいました。


ここにガタがでるんだよ!・・・イクオマン、もっと細かくお願いします。
「ではバラしていきますか」ってことで自分のエンジンをバラします。
「わしが持ってきたエンジンはバラしてくれないんっすか?」
「はい!口は出すけどけど、手は出しません。自分でやって下さい。」

そうなんです。所長もそうですが基本は『自分がやる』なんですよね。

 オリジナルの特殊工具です。木材で作ってありますが、高さ等すべて計算されていてこれがあれば一人でエンジンの脱着が可能とのことです!素晴らしい!!!







ここが摩耗してピストンが振れてカタカタ音が出ます。ここのブッシュの交換をしないとダメのようです。


こちらもオリジナルの特殊工具です。これでブッシュを抜き取ります。




金色のがブッシュです。






写真が飛びますが、自分の持ち込んだエンジンをやります。



一度もエンジンは開けてないとのことです。


ここはカーボンをキレイに落とした方が良いよとの事


あまりの手際の悪さと落とし方が甘い為、ついにイクオマン自ら落としてくれてます。



ピストンリングも具合が悪い為・・・


新品に交換です


右が今までので左が新品です。


寒くなってきたんで、ストーブ付けてもらいました。





再度、確認の仕方を解説!


出来た=!!!


ありがとうございました。又後日、ここにあった面白い物、変な物?はブログで書きますね!





さてさて出来上がったエンジンを餅福に持って行きまして




特殊工具、借りて来ました!


エンジンを下ろさないと出来ない所をキレイにしまして








借りて来た特殊工具でエンジン載せました。凄いですね!約15分で載りましたよ!!
自分で手を入れたエンジン・・・始動させます!


























0 件のコメント:

コメントを投稿