2014年11月29日土曜日

Econolineに乗って原発のことを考えに行って来た。


本日の午前、休みを頂きまして




入り口には絵が飾られてました。



こんな感じで


そんな絵と一緒に


こんな資料も展示してありました。主催した御方が用意したものです。


私の生まれ育った瑞浪市のことですね。
以前に伺っております。
過去の記事も興味がありましたら回覧下さい。



この映画の監督 かさこさん、ちなみに男性です・・・。ROCKな人でしょ?


革ジャンとか着てないって?いやいや・・・



髪型が普通?いやいや・・・・


日本には、 福島原発の事故が起こるはるか以前に、原発の危険性を感じて原発計画を追い出した町が全国に34カ所もあるそうです。
そんな中から二つの県をクローズアップして、当時、原発運動に関わった人々のインタビューを映像にまとめてありました。
たんたんと映し出されるインタビュー映像が続きますが、人々の当時の思いがもの凄く伝わって来ました。
映画を観終わった後、何故か寂しい気持ちになりました。なんでだろう?
感想を書くって難しいですね。

そんな長編ドキュメンタリー映画「シロウオ」なんですが、私、来年の2月末か3月末に地元の瑞浪市か土岐市で上映会を計画しております。
午前中は東濃地科学センターを見学してもらって午後から映画を観てもらうなんてプランを考えております。原発で出たゴミの問題も大切です。

なんでこんな事を書いちゃうかって?自分のやりたい事を100人に話せば願いがかなうそうです。ブログで書けば一気に話したことになるでしょ?

来月は選挙が控えております。投票には行きましょう!!!






















0 件のコメント:

コメントを投稿