2014年10月29日水曜日

賛成〜!!


国を良くしよう!国民の為に?一生懸命働いて下さってる政治家のすったもんだがニュースで沢山取り上げれてる最中、本日の新聞です。地元が賛成したんですね。
「国の責任の下で再稼働することを立地自治体として理解する」とし、再稼働への同意を表明した。
未だ収束してない福島原発事故を見て、最近では御嶽山が噴火、いつ起こるか解らない、予測が困難な自然の猛威をあれだけ見せつけられても「安全だ!」って市民が判断した訳で・・・。
もし大惨事が起こって、未だ収束すらしてない福島原発のようなことになったら、「安全って言ったじゃないか!」「ふるさとを返せ!」「責任をとれ!」ってやるんでしょうね。だって「国が安全って言ったじゃないか」って責任転換出来ますもん。自分の意見、考えを主張するより、他人の意見、他人の決めた事にしょうがないって自己暗示かけたほうが楽でして。本当に安全、大丈夫と思って判断したんでしょうか?
原発事故はまだ収束してません。そして原発を稼働させれば避けて通れない高レベル放射性廃棄物、ゴミが出る訳でして、その処分先すら決まってないのが現状です。
先日の新聞にも処分場をめぐって反対運動が起こってましたね。「子孫の為にも処分場にするな」?とか「風評被害で人が来なくなってしまう」?とか・・・いや〜、私も含めて人は都合がいいですね。


原発事故が起これば、立地した場所だけが被害を被るわけではなく、周りの市、町、最悪の場合は日本全土がダメになってしまうんですよ?!でもって処分方法すら決まってない核のゴミが出るんです。


何万年もの間、保管、監視!!!!!!!!





処分方法、処分場所、福島原発の事故・・・何一つ解決してません。

ここのところ政治家の不祥事ですったもんだの話が目白押しですが、選んだのは国民、ワインを受け取ったのも国民、うちわを受け取ったのも国民なんですよね。
受け取る側が「こんなことしたら良くないんじゃない」なんて注意すればって考え方もある訳でして・・・。
もしも原発事故が再度起きたら選んだのは国民だという事、そして責任を取るなんて軽々しい問題じゃないってこと。
やっぱり人まかせ、しょがないじゃなく自分で考えて良くない事は良くないって言える世の中になってもらいたいと切に願う次第でございます。










0 件のコメント:

コメントを投稿