2014年10月14日火曜日

地層を科学する もう一回!


今年の6月に見学に行って来ました、自分の生まれ育った地元は岐阜県瑞浪市にあります
東濃地科学センターhttp://www.jaea.go.jp/04/tono/index.htm
がありますので話を聞きに行ってきます。

こちらが6月に行った時の施設の様子です。
http://trinda450.blogspot.jp/2014/06/onkalo.html

今問題になってる高レベル放射性廃棄物の処分を地下に埋めても安全かどうかを研究している施設です。
原発を稼働させれば核のゴミが出る訳で、そのゴミをどうするかは決まっておりません。
そんな状況にも関わらず再稼働まっしぐらです。経済が・・・エネルギー問題が・・・電気が足りなくなる・・・などなど偉い御方達はおっしゃいます。

この施設に対して、核のゴミ捨て場になるのではないかと反対をされる御方もおられます。何処かに処分しなくてはいけない。どうにかしなくてはいけない。そんな事などおかまいなしです。自分の所にややこしい物がこなければそれで良いんですよね。
難しい問題との一言で片付けられてしまいますが、何も難しいことなど一つもありません。ゴミは元から絶つ!危ない物は出さなければ良いだけの話。人間の力ではどうすることもできないと解ってる事なんですから・・・。改めて話を聞く事で、何かまた考えれたらな〜なんて思っております。色々と能書きを書きましたが『興味がある』ってことです。
不謹慎ですかね?
そんな気が早いですが、11月の予定でした!!


0 件のコメント:

コメントを投稿